トップへ
 
前のページへ戻る

 

クレアこうのす
総合体育館
陸上競技場
その他の施設



リンク
 
 
 
平成4年11月2日
指令地第1100号
 
 
改正 平成 6 年 3月9日指令市第1736号
  平成7年10月31日指令市第 952号
 
   平成13年11月1日指令市第1102号
  平成15年10月8日指令市第2658号
     

  第1章 総則
 (名称)
第1条 この法人は、財団法人鴻巣市施設管理公社という。

 (事務所)
第2条 この法人は、事務所を埼玉県鴻巣市鴻巣864−1に置く。

 (目的)
第3条 この法人は、地域のコミュニティの育成並びにスポーツ・レクリエーション及び文化の振興を図るとともに、鴻巣市又は公共的団体が設置する施設の管理運営を受託し、有効かつ効率的な管理運営に努め、もって充実した市民サービスを提供することにより地域社会の発展と豊かな市民生活の形成に寄与することを目的とする。

 (事業)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
 (1) 地域のコミュニティの育成に関する事業
 (2) スポーツ・レクリエーション及び文化の振興並びに健康づくりに関する事業
 (3) 鴻巣市が設置する公の施設又は公共的団体が設置する施設の管理運営に関する受託事業
 (4) その他目的を達成するために必要な事業

  第2章 資産、事業計画等
 
(資産の構成)
第5条 この法人の資産は、次に掲げるものをもって構成する。
 (1) 財産目録に記載された財産
 (2) 資産から生じる収入
 (3) 寄附金品
 (4) 事業に伴う収入
 (5) その他の収入

 (資産の種別)
第6条 この法人の資産は、基本財産及び運用財産の2種とする。
2 基本財産は、次に掲げるものをもって構成する。
 (1) この法人の設立に際し基本財産として指定された財産
 (2) 基本財産とすることを指定して寄附された財産
 (3) 理事会で基本財産に繰り入れることを議決した財産
3 運用財産は、基本財産以外の資産とする。

 (基本財産の処分の制限)
第7条 基本財産は、これを処分し、又は担保に供することができない。ただし、やむを得ない理由があるときは、理事会において理事の4分の3以上の同意を得、かつ、埼玉県知事の承認を得て、その一部を処分し、又はその全部若しくは一部を担保に供することができる。

 (資産の管理)
第8条 資産は、理事長が管理し、その方法は理事会の議決を経て、理事長が別に定める。
2 基本財産のうち、現金は、銀行、日本郵政公社その他の確実な金融機関に預け入れ、信託会社に信託し、又は国債、公債その他確実な有価証券に換えて、保管しなければならない。

 (経費の支弁)
第9条 この法人の経費は、運用財産をもって支弁する。

 (事業年度)
第10条 この法人の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 (事業計画及び予算)
第11条 この法人の事業計画及び予算は、理事長が作成し、その事業年度開始の7日前までに理事会の承認を得なければならない。ただし、やむを得ない事情があるため、その承認を得られない場合には、その事業年度開始の日から2月以内に理事会の承認を得るものとする。
2 前項のただし書の場合において、理事会の承認を得るまでの間は、前事業年度の予算に準じて収入し、及び支出することができる。
3 前項の規定による収入及び支出は、新たに成立した予算に基づくものとみなす。
4 理事長は、第1項の事業計画又は予算を変更しようとするときは、理事会の承認を得なければならない。ただし、軽微な変更については、この限りではない。

 (事業報告、決算及び財産目録)
第12条 この法人の事業報告、決算及び財産目録は、理事長が作成し、監事の監査を経て、その事業年度終了後3月以内に理事会の承認を得なければならない。

   
1 2 3  >>次へ